家のシャッター、雨戸を選ぶ際の注意点と、メリットやデメリット。

家の窓にシャッターや雨戸を付けられる方が大半だと思います。

シャッターや雨戸と呼ばれているものは2つの種類に分かれます。

それは上から降ろすタイプと、横からスライドさせるタイプです。

上から降ろすタイプになります。(下記参照)

横からスライドさせるタイプになります。(下記参照)

では、それぞれのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

上から降ろすタイプ

【メリット】

・ほぼ完全に密封されますので、外気を通しにくく防寒対策にもなる。

・冬場でもサッシに水滴がつかない。

・窓のサッシにゴミも入らないので、掃除をしなくても良い。

【デメリット】

・上げ下げの動作が少し大変。

・年数を重ねると、劣化などでスムーズに動かなくなる。

・故障する可能性もある。

・スライドシャッターに比べて値段が高い。

スライドシャッター

【メリット】

・スライドさせるだけなので手間がかからない。

・故障しにくい(高確率で故障しない)。

・上から降ろすタイプと比べて値段が安いです。

【デメリット】

・隙間が出来ますので、防寒対策は劣る。

・冬場は窓のサッシに水滴が付く。

・隙間からゴミが入るので、サッシが汚れる。

まとめ

家のダメージや防寒対策などを考えると、個人的には上から降ろすタイプのほうが良いかなと思います。

スタイリッシュでカッコいいですしね。

ちなみにマイホームのご近所さんは皆さん上から降ろすタイプです。