家の購入後の必用経費、固定資産税とは?

固定資産税とは

毎年1月1日に現在の固定資産(土地・家屋・償却資産)の所有者に、その資産の価値(価格)をもとに納めていただく税金です。
固定資産税は市税の基幹税目であり、市民税とともに市政運営の原動力として市民生活と深いかかわりのある清掃、住宅、学校、公園、福祉、消防はもちろん、道路や上・下水道の整備などを進めるうえで非常に重要な役割を果たしています。

納税義務者について

    • 土地…登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方
    • 家屋…登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方
    • 償却資産…償却資産課税台帳に所有者として登録されている方

計算方法

【税額】 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

※大阪市ホームページ参照

大体の額

すごくおおざっぱですけれども、新築で2300万円くらいの家でしたら、10数万円くらいですね。
1か月平均に換算すれば1万ちょいくらいですので、実質ローンプラス固定資産税を考えて、家のプランを設計した方がいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする