建売住宅の値段が安くなるタイミング

まず建売住宅が売りに出される時は、完成する前に値段と断面図が公開されます。

その時の値段は高めに設定されています。

しかし、その時の高い値段でも、そこの場所で探している人や、その家の断面時や内装が気に入った人がいれば、その時点で売れる事もあります。

ただし、先程も言ったように値段は高いです。

ですので、安く買いたい方はこの時点での購入はしない方がいいですね。

ではいつ購入するのか。

それは建物が出来て1週間程経ってからです。

もし、その時点で誰も購入していなければ、数百万単位で値段が落ちます。

そこが最初の狙い目です。

特に集合住宅地などはさらに狙い目で、1棟だけすごい値段が下がる場合があります。

これは、先に1棟だけでも売れれば、その場所を狙ってる人が焦って、どんどん買うからです。

ただし他のお客さんも狙っている可能性もありますので、駆け引きやタイミングが重要です。

あらかじめ狙っている場所なら、先に住宅ローンを通しておいたほうがいいです。

なぜ住宅ローンを通しておいたほうがいいのか⇒こちら

ちなみに我が家は最初売りに出されてた時の値段は2680万円ですが、待ちに待って2280万円で購入しました。