ハザードマップを見て家の買う場所を決めよう!

家の買う場所を決めたら最後に確認して欲しい事があります。

それはハザードマップです。

ご存知ではない方もいると思いますので、簡単にハザードマップについて説明しておきましょう。

「ハザードマップ」とは

一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。

防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。

要は災害が起こった時に、被災する確率の高い地域を確認する事できます。

※国土交通省ホームページ参照

ですので万全を期するなら、ハザードマップに載っていない地域にした方がいいでしょう。

ちなみにですが、今回の大規模な大雨で被災した地域はハーザードマップに載っていた地域になります。

もしハザードマップに載っている地域でも、どうしてもその場所で住みたい場合は、家にかける保険を少し手厚くするのがいいかなと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする