建売住宅と注文住宅の違い。

建売住宅とは

建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されているものとなる。

建物は、購入者が決まる前に設計され、建築が始まる。

その建築の様子や完成図や、完成後の見学をして、購入者が買うかどうかを決める、というのが基本的な販売方法となる。

つまり、分譲マンションと同様に購入者の意向は入らない、というのが建売住宅の基本的考え方である。

しかし、工事に着手する前で契約が終わっている状態なら、「2階のトイレはいらないので設置しないで下さい(物置として使用)」などという可能な範囲の融通は効く場合もある。

注文住宅とは

注文住宅とは、まず土地を取得するところから始まる。

土地を買う、もしくは親の土地を貰うなど、自分の土地を手に入れて、そこから住宅メーカーを決めて、間取りの相談をしながら家を建ててもらう事である。

自分のイメージした家が完成するという嬉しさはある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする